So-net無料ブログ作成

スズキ GSF1200 キー廻り辛い 修理

県外からのご依頼です
スズキ GSF1200 キー廻り辛い 修理です。
スズキ.jpg
白バイにも採用されているモデルになります。
このキーシリンダーは、ヤマハでも採用されているもので鍵頭と溝を無くすと
ヤマハと同じとなる所謂使い廻しのような代物となっています。
そのため、構造も同じという事でヤマハと同じトラブルが発生します。
因みにヤマハですとSR,XJR、マジェスティなども同シリンダーを採用しています。
さてお預かりしてキーの廻り辛いという現象を調べてみました。
キーを差し込んで目にしたのはわからないレベルですが、キーが斜めになって
いることです。この斜めが曲者なんです。
お客様のキーはもちろん純正キーですが、廻らないことで相当苦労したようで
キーが曲がってしまっておりました。
分解して確認してみます
IMG_4151.jpg
やはり先端ピンが飛び出ています。
IMG_4152.jpg
ちゃんとするとこのように全て引っ込んで揃うはずですが、それが駄目だったようです。
この修理は当店でもよくご依頼がある修理案件になっております。
買ってしまえば・・・という短絡的な考えもありますけど、部品供給が終わっていたり
シリンダーセットを買うと安くても4万円コースくらいにはなりますし、無論全て交換する
ことになりますので工賃もビックリすることにもなります。
また、交換できたとしてもいずれまた同じ現象が発生するので交換する意味すらなくなります。
どこかのヤマハを取り扱うバイク屋さんのブログにASSY交換が載ってましたが
まぁ大変なようですね。
当店の修理ならAssyの金額の○○で収まります。超安いです。
さて、当店は粛々と修理を進めていきます。
加工を施してキーが斜めにならないようにします。
こうすることで、キーがONしても抜けるといった別のトラブルも回避できます。
仕上げに鍵穴の凹みとか傷くすみなどを取り除いて仕上げました。
IMG_4154.jpg
お預かりしたオリジナルキーも曲がっていましたが、癖取りをおこないホボ真っ直ぐに
戻して使えるように仕上げ、純正キーも追加で1本ご依頼ありましたのでサクサクっと
削ってキー2本としました。
IMG_4155.jpg
お客様から後日電話ありましたが、喜んで頂けたご様子です。

鍵・スーツケース工房 ツールドコルス
0282-21-7018
当店HPはここをクリック→「http://www.touredelock.com/

ハーレーダビットソン 接点部不良 修理

県外からのご依頼です
ハーレーダビットソン 接点部不良 修理です
車種は不明ですが、スポーツスターと思われます。
12507491_1537433659906356_9135569597780351838_n.jpg
良くある接点部焼けと思われるのですが、バイクのイグニッションキーシリンダーは
焼けても直せない代物なんです。
何故か。
非分解となっていて、分解させないつくりになっているのです。
今回もそんな訳で、お客様が当店を見つけてくださりご依頼となりました。
お預かりしたキーシリンダーの導通確認したら3段のイグニッションONだけ導通しない
ようです。
1915430_1537433673239688_7836671481667996267_n.jpg
裏蓋をみると完全なクローズ状態のカシメが入っていました。
12548867_1537433693239686_2256683568882429534_n.jpg
慎重に外す羽目になるのですが、これが結構大変なんです。闇雲にドリルでもんで
しまうと元に戻らなくなるのでかなり慎重に削って外しました。
IMG_4055.jpg
接点部をよく見ると外周の1つが解けて接点に被ってしまっていました。
これでは導通しません。しかも接点が熱で奥に入ってしまっていたので特殊な機械で
溶かしながら電極を押し出して戻しました。
仮組みし導通確認してOKでした。
IMG_4059.jpg
あとは裏側のカシメの部分を再構築して閉じて完了です。
IMG_4060.jpg
梱包してご返送致しました


鍵・スーツケース工房 ツールドコルス
0282-21-7018
当店HPはここをクリック→「http://www.touredelock.com/