So-net無料ブログ作成

プラダ キャリーバック 伸縮ハンドル片側折れ キャスター欠損 ダブル修理

県外からのご依頼です。
プラダ キャリーバック 伸縮ハンドル片側折れ キャスター欠損 ダブル修理です。

今年に入って記録更新をしていますプラダの修理。
今回も伸縮ハンドルとキャスターの修理となります。
当初のご依頼は伸縮ハンドルの欠損(折れ)でのご依頼でしたが、当店到着後に外装確認
したところ、キャスターも割れが左右発生しており追加修理となりました。
キャスター修理は苦労は少ないのですが、伸縮ハンドルは修理がとても大変です。
伸縮ハンドルは簡単には外せない状態となっており、外すのはキャリーバック内の内貼りを
外す必要があるのですが、この内貼りは縫われているので外すことができても縫えないという
とても厄介な代物となっております。
目立たなくなおかつ、伸縮ハンドルが取り外せるところで修理後に内貼りを縫い戻せるという
箇所からアクセスして壊れた伸縮ハンドルを外します。
代替を寸法を測って加工切り詰めを行い、取り付けして元通りにしました。
IMG_7122.jpg
この作業でほぼ1日となります。
IMG_7123.jpg
純正の伸縮ハンドルは伸ばすだけで途中で長さを変えることができません。
この伸縮ハンドルは途中でロックできるものなので、長さ変更ができますので使い勝手が良いです。
さらにシャフトは純正よりも若干太いので折れるリスクも少なくなります。

キャスターも加工して無事取り付け完了しました。
IMG_7124.jpg
手間のかかる修理ですが、現在プラダも旧モデルは匙を投げていて直せない状況ですので
当店に依頼が増える気がする今日この頃です。
梱包してご返送させて頂きました。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。