So-net無料ブログ作成

タイタン スーツケース ボディ凹み ハンドル欠損修理

県外からのリピーター様からのご依頼です。
タイタン スーツケース ボディ凹み ハンドル欠損修理です。
IMG_6784.jpg
IMG_6785.jpg
バッケージで壊され、ボディは凹まされてしまったようで直りますか?とのご依頼です。
タイタンの部品ですが、既に廃盤欠品となっております。
とは言え、当店には若干タイタンの部品がございまして修理は可能となっております。
凹みは残念ながら完全修復とはなりません。というのも、このボディはポリカーポネートで
出来ているのですが、他のメーカーと違い異質材質を極端に嫌うものとなっており塗装しても
はがれてしまいます。そのため、補修後の塗装をしても、衝撃などをうけると割れてしまうので
完全修復とはなりません。
ご依頼者様のご了解を得て、凹みを直し極力目立たない修繕を施す事となりました。
まず欠損している上部のハンドル修理からです。
既に廃盤欠品となっているため、市場では入手不可となっております。今回お請けしたスーツケースも
修理を他店で行ったようですが当然ハンドルは社外品が強引に取り付けられておりました。
幸いな事に、ハンドルの取り付け穴などは加工されてなかったので純正の取り付けができました。
手持ちの新品部品一式を取り付けして綺麗に直りました。
IMG_6787.jpg
次に凹みです。こちらは自動車のバンパー修理と同じ工法でお直しします。
押し出した後に、折れ筋が残るのでゆっくりと裏側から押し出しを行い折れ筋を最小限にしていきます。
こちらも幸いな事に、割れがありませんでしたので目立たないくらいにまで復元ができました。
IMG_6786.jpg
GWでしたが、お預かりから4時間程度でご返却が出来ました。
修理は出来る限りおまたせをしないのが当店の考えです。
また長くお使いいただけることを心からお祈り致します。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。