So-net無料ブログ作成

カワサキ バリオス2 鍵抜け IGキーシリンダー修理&鍵作成

桜が開花したそうですね。
今年は卒業シーズンや入学シーズンに会いそうな感じですね。
桜も咲いた後の桜吹雪はなんともいえません。
日本の国花は桜ですが、台湾は梅なんですよね。

さて仕事です
県外のお客様からのご依頼です。
カワサキ バリオス2 鍵抜け IGキーシリンダー修理&鍵作成です
bariosu2.jpg
中古で買った車両で、ついていた純正キー2本ともONすると鍵が抜けて
しまうという現象で困っていたそうです。
普通は抜けませんが何か原因があると思われます。
遠方なのでトップブリッジごと外していただきお送り頂きました
CIMG5304.JPG
鍵穴のシャッターも開きっぱなしだったのでこちらも修理します
非分解のシリンダーですが、強制的に分解します。普通にやると
元に戻せなくなりますので絶対に真似しないで下さいね
(メーカーではASSY交換が前提となっています)
CIMG5308.JPG
シリンダーの中身を抜いて裏返しにした画像ですが
構造が複雑なことが解ります。
盗難防止としていくつかのトラップがあって強引に廻すと
中でフルロックする構造になっています。
流石カワサキですが、盗まれない対策が半端ないです。
しかもこのパーツ構成をきちんと把握しないと復元も出来なくなる
という恐ろしさ。。。パズル状態でしたが復元できました。
シリンダーは1方向でしか抜けないようになっていて他では
破壊しても抜けない構造になっていました。
お借りした元鍵をあわせてみましたがものの見事に抜けました。
鍵の作成が悪いのかと・・・思って当店でも作成してみましたが
やはり抜けました。構成パーツが悪いのかとパーツを交換しても
抜けます。。。ん~~~っと考えること2日ほど頭をひねりました。
鍵のある事に気が付きました。で鍵を加工して一から鍵を切削
してセットすると・・・抜けませんでした。
原因は鍵の構造にあったようです。とはいえ、カワサキの純正キー
をお使いだったので間違いではないのですが、カワサキの生産
過程でちょこちょこと仕様変更をするためか鍵も前期と後期で
違っていることがあります。今回も例外ないくそのようでした。
鍵穴の開きっぱなしを修理しました。
シリンダー内部は元鍵で強引に廻していた事でガタガタになって
いましたのでアルミパテで段付きを修理して組み付けました。
CIMG5309.JPG
造った鍵を挿して抜けないか確認してみました
CIMG5310.JPG
抜けません。キッチリと造ってありますのでスムーズに廻ります。
我ながら良い仕事です。
グリスも劣化していたのを洗浄してリチウムグリスで充填して
あるので新品のようにスムーズに動きます。
元々の鍵はシリンダーを傷めるので使用しないようにお願いしました。
知らずに造られた鍵や紛失した鍵を段差から安易に造るとトラブルが
発生するので簡単に廻せない場合は強引に使わず必ず修理して
もらってください。
(鍵屋によってはインプレッションという手法で紛失鍵を造りますが
腕が良くないとシリンダーを傷める結果となります。今回お預かりした
鍵も鍵がおかしな削れかたをしていたので鍵もシリンダーも傷める
結果に繋がったようです。仕事で速さを競う鍵屋もいますが
私としてはきちんとした鍵を造るという事が大切なのでは・・・とつねに
思っています)
梱包してご返送しました。

ご依頼いただきましたお客様から御礼のメールが来ました。
大変喜んで頂き感謝されました。
仕事で一番嬉しい瞬間です。

鍵工房 ツールドコルス
0282-21-7018
当店HPはここをクリック→「http://www.touredelock.com/
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

a crank

こんにちは初めまして。
blog記事読ませて頂きまして、バリオスを譲って頂いた時から困ってることとおなじ現象なのでコメント致しました。
私が所有しておりますバリオス1(ZR250A4)もKEY-ON状態でKEYの抜き差しが可能のうえ、振動にて浮き上がります。
blog記事の修理はお幾らぐらいするものなんでしょうか?

by a crank (2017-04-29 13:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0